不動産賃貸業

不動産/建築用語

遺留分のはなし(後編)

『遺留分のはなし』後編です。 前編では、遺留分とはそもそもどういうものかについてお話しました。 後編では、遺留分の侵害を受けたとき、その請求はどのように行うのかや、遺留分侵害額請求権の放棄について考えてみたいと思います。...
不動産/建築用語

遺留分のはなし(前編)

遺言書を作成する際、または遺産の分け方について話し合うときに注意しないといけないのが遺留分です。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、遺留分を考えに入れずに遺言書を作成すると、相続開始後に思わぬトラブルに発展する可能性...
不動産/建築用語

境界標のはなし

←道路や地面にこんな印を見つけたことはないでしょうか? これは『境界標』と言って、土地の境界を示す目印です。 今回はこの境界標について考えてみたいと思います。 土地の境界とは 『境界標は土地の境界を示す目印』、と書きまし...
不動産/建築用語

境界のはなし

売買や相続などの際に、『境界』という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 界という言葉から、何かの範囲を指すのだろうなと推測できますが、一体何を指すのでしょうか。 境界とは何か? 何かと何かの境目の事を境界と言います。...
不動産/建築用語

建築士のはなし

家やビルを建てる時には、その建物がどんな建物になるのかを明確にするため製図、作図された図面(設計図)が必要になります。 この設計図に基づき建設会社は建物を建てていきます。 この設計図を作るのが建築士です。建築士は建築士法...
不動産/建築用語

賃貸経営に関わる法律の話~取得編(購入・相続等)~

不動産を所有するとき、賃貸経営をするとき、売却のとき等、賃貸経営に関わる不動産を取り巻く環境は様々な法律や条例等と関わっています。 どのような場面で、誰に対し、どういった法律と関わるのか考えてみたいと思います。 不動産運...
不動産/建築用語

『新築』と『築浅』のはなし

賃貸物件の広告を見ると『新築物件』や『築浅物件』と謳っているものを多く見かけます。この『新築』や『築浅』とはどんな建物を指すのでしょうか。 新築とは何か どのような建物を新築と呼ぶのか。実は新築には明確な定義があります。...
不動産/建築用語

確定申告のはなし

2月になると個人事業主にとって重要な手続き、確定申告の時期がやってきます。 *2021年度の所得税等の申告受付期間は2022年2/16~3/15迄です(個人事業者の消費税等は2022年3月31日迄です) さて、この確定申...
不動産/建築用語

『開業届』のはなし

分譲マンションやアパート、マンション等を購入し、大家さんとして不動産経営を始める際は、新しく事業を始めることになり、開業届の提出が必要です。 この開業届とは、いったいどのようなものなのでしょうか。 今回はこの開業届につい...
不動産/建築用語

重要事項説明のはなし③~賃貸借契約編(後編)~

賃貸借契約における重要事項説明の後編です。 前編では『物件の概要』についてお話しています。後編では『取引条件』部分についてみていきたいと思います。 賃貸借契約編【前編】をご覧になりたい方はこちらからご覧ください↓ 2.取...
タイトルとURLをコピーしました